海外共同展覧会の出展を終えて。。空間芸術とは?

空間芸術を創るアーティストとしての仕事

 

昨年から始まった新しい活動ですが、  空間芸術アーティストとして、色々なところからお声をかけていただいてます。

2020年の始まりに海外共同展覧会として、東京上野にある『EMPギャラリー』で開催された日本・バリ友好交流展に、2020年1月15日(水)〜26日(日)までの間、『テーブルコーディネートを含む空間』で創った、空間芸術作品出展させていただきました。

 

 

日本の新進アーティストを海外に紹介する美術書である『日本藝術の創石No.24』に掲載されたのがきっかけで、新しいジャンルの空間芸術アーティストとして、お声をかけていただくことが多くなりました。

『空間芸術って何?』と思われるかもしれませんが、

実は、私もそう思ってたんです・・・

 

私自身、空間を美しく創りあげるということは、仕事で当たり前としているものです。

しかし、この空間を創り上げるのに何日も考え、インスピレーションと感性を使って、何もない白紙のキャンパスから創り出すアートでもあります。

そして、数時間でそのアートは消えてなくなり、そこに存在した人々の心に残します。

 

儚い美しさこそ、美しいのかもしれないと思いつつ。。

それが空間芸術の世界です。

 

いろんなアーティストが、空間を芸術的に創り上げ、限られた時間の中で存在する芸術。

その空間芸術を写真に残すことで、どのような芸術になるのか?

今回の展覧会に推薦してくださったEMPギャラリーの大橋さんに聞いてみました。

 

 

このギャラリーで展示されている作品すべてが、ギャラリーのスタッフの方が個展に出向かれたり、いろんな美術書などから選抜されたアーティストの作品だそうです。

この一つひとつを、説明を受けながら鑑賞させていただきましたが、どれも個性的で、私も心打たれました。

よくこんなに感性の通じるものを探されましたね!

その中の一つに展示されていることが嬉しくなりました。

 

 

海外から見た評価は?

 

この展覧会は、バリ島にあるギャラリー『Tonyraka Art Gallery』と共同でされていて、ギャラリーオーナーや美術関係者の方々もインドネシアからお越しになられて見られています。

インドネシアのバリは、アジアの中でもかなり美意識やアートのレベルが高く、シンガポールなどの大きな展覧会にも、バリの美術関係者が招かれることが多いそうです。

そんな海外から見た、この空間芸術作品はどう評価されるのでしょう?

 

 

バリ島のギャラリーオーナーから直々のご感想をいただきました。

『エレガンスが溢れていて、贅沢なくつろぎ感を予感させてくれる、大変美しい空間を作られている』

大橋さんによると、とても評判が良かったらしく、2月のバリ島で行われる展覧会に出展しないかという強いオファーもいただきました。

数ある作品の中から選んでいただき大変嬉しいです。

 

 

大橋さんに『どこにアートを感じてくださったの?』と質問してみました。すると、、

 

”第3者として、少し離れた場所からこの空間を眺めている私がいる。

空間だけど、色や物が、キャンパスの中に計算し尽くされて配置された『美しい空間』

この中に入り込んだらどうなんだろう?という気になる。

そして、空間に入り込んだ自分を想像する。。。”

 

まるで不思議の国のアリスのようですね。

アーティストとして語るべきではないかもしれませんが(笑)、このタイトル「MIKAの世界」なんです。

自分のこだわりのある世界に、お客様を招くこと。その空間への第一歩から、私のおもてなしは始まっています。

美しい空間、美しいものに囲まれて感じる深い感動。
楽しい時間を過ごしていただくためのおもてなし。
五感で楽しんでいただくエンターテイメント。

それらが始まる予感を、写真でどこまでお伝えできたかはわかりませんが、それが実際の私の空間コーディネートのコンセプトです。

 

EMPギャラリーさんは、海外展覧会への出展も多く、

 

 

その準備に忙しくされていらっしゃったオーナーともお話もすることができて、海外の展覧会の様子もお伺いできました。

日本の芸術を世界へ。。

その思いがとても伝わりました。

 

 

期間中に観にいて下さった方、本当に有難うございました!

 

ボタン