《コラム》外国人と仲良くなる方法

 

外国人と仲良くなる方法

 

外国人とのコミュニケーションというと、英語が話せないとダメだわ。。

と思われる方が多いのではないでしょうか?

言葉が出来ないと、とてもハードルが高いように思っている方も多いと思います。

もちろん、語学ができないと会話の内容が浅くなるので、仕事や長いお付き合いをするには必要です。

しかし、それよりもっと大事なことがあります。

コミュニケーションを始めるきっかけを作ることができるか?」と言うことなんです。

この「きっかけ」が無いと会話も始まりません。

多分、これがシャイな日本人の不得意としているところではないでしょうか??

昔の私もそうだったから。。

 

私の友人で、側から見ると、外国人と仲良く英語でぺらぺらと喋ってる。。

と、誰からも見られる人がいます。

実際には、彼女の英語は全て日本語で、発音が英語風という感じです。(笑)

でも、すごく笑いあって、なんとなくお互いに通じてるのです。

何が大きく違うか。。と言うと、「テンションの高さ」です。

 

外国人とのコミュニケーションについては、私なりにずっと研究をしてきました。

英語が話せるから仲良くなれるのか?と言うとそうでもないんです。

あなたの「醸し出しているもの」が大切なのです。

相手にとって警戒しなくてもいい、相手にとって馴染みのある分かりやすい態度や行動。

その一つとしてお勧めするのが、「世界標準マナー」です。

 

 

世界標準マナーを身につけることで広がるあなたの世界

 

世界標準マナーと聞くと、すごくハイレベルのように感じるかもしれません。

しかし、会話の始まるきっかけは、あなたの第一印象が大きく影響します。

トータルエレガンスコースでは世界標準マナーをカリキュラムに入れてます。

それは、世界の人たちと仲良くなる第一歩、コミュニケーションを円滑にするためです。

 

よく、プロトコール(世界標準マナー)の先生でも、その知識はあっても外国人とのコミュニケーションが取れてない方も多く見かけます。

「エレガントな女性になるためには、最高のマナーが必要」

と思ってる方も多いですが、エレガンスとは「形」ではなく、実質的なものです。

実際に使う機会がなければ、本末転倒です。

 

「マナーとは、行動を後押しをするもの」だと思っています。

マナーの知識があるからこそ、自信を持って行動におこせると言うことです。

自分の醸し出す態度や行動を、世界基準に切り替えることができれば、外国人とのコミュニケーションをスムーズにする秘訣の一つになります。

 

例えば、男性の場合、世界標準マナーの中に、レディーファーストというのがあります。

日本の文化ではないので、日本人として戸惑われる方も多いと思います。

日本男児としての教育を受けた主人が、私の教育(笑)のもとでレディーファーストを身に付けました。

頭で分かっていても、日常で慣れてないといざというときに出来ないものです。

今では、ある程度自然にできるようになりましたが、彼にとっても、色んなメリットがあります。

フランスに住む娘のところへ一人で行くのに、電車の中で、隣りに座ろうとした女性が荷物を持っているのを見て、棚に上げる手伝いをしたそうです。

当たり前のような話ですが、日本でこのような行為はほとんどお目にかかる事はありません。(笑)

それからそのご婦人はずっと主人に喋りかけ、主人もそれに答えていたそうです。

とは言っても、会話としては成り立たなかったはず。。

主人の英語は片言で、フランス語は全くわからない。

そのご婦人はずっとフランス語で話していたからです。

会話としては成り立たなくても、旅先でのこのコミュニケーションに、大変満足の様子でした。

世界標準マナーの教養があったおかげで、世界が広がった一例です。

 

 

あなたの親切心も、コミュニケーションのきっかけを作ります。

 

「相手を思いやる」と言うこともマナーの考え方の一つです。

なので、人間としての親切な行為=マナーだと思います。

日本であっても、ちょっとした親切が、出会いのきっかけになるものです。

それは私が北海道へ行ったときのことでした。

公衆トイレで3人の外国人女性が何やら困っていました。

「パピエ Papier=紙」 という単語が耳に入ってきました。

多分、公衆トイレで紙がなくて困ってるんだろうな、、と思って、

ティッシュを差し上げたらすごく喜んでくれて、女3人でもかしましいのに、

話が弾んで、いきなり、、、

「来週私の妹のおうちでパーティーがあるから来ないか?」というのです。

 

日本人ならあり得ない話だけど、、、

残念ながら、その日に神戸に戻る予定だったので、先程の「英語を喋るフリ」の上手い、北海道の友達に紹介しました。

彼女たちがそのホームパーティーに参加し、そこからまたご縁が戻ってきて、ホームパーティーを主催した妹さんが、後日神戸にやってきました。

その時は、生徒さんたちを誘ってみんなでお食事に行ったこともあります。


「外国人と仲良くなるきっかけをどうやって作るのですか?」

という質問をよく生徒さんに聞かれます。


コミュニケーションの「きっかけ」って、実はどこにでも転がっていて、自分が与える第一印象がとても大切だということです。

第一印象というと、身なりや所作などを思い浮かべますが、発するオーラであったり、テンションであったり、マナーであったりもします。

それを磨くと、あなたしか存在しない魅力になります。

 

その詳しくは、

トータルエレガンスコースチャーミングな女性のABC講座

あなたに合わせたお話をしています。

 

 

コラムTopページに戻る

 

 

ボタン