《コラム7》外の世界から見える日本

【第7話】このコラムはシリーズです。第1話からお読みください。

 

どの世界でも、母の教育は偉大

 

今日は、もう少し自分の人生を遡って書いていきたいと思います。

私は京都で生まれました。

父は当時、ある製薬会社の大企業に勤めていて、一番若くして支店長になったようですが、高度経済成長を支えていたこの時代のワーカー達は、みんなほぼ仕事人間。

会社に人生を捧げ、だからこそ今の日本があり、恵まれた国になったことに感謝しています。

が、、、

子供としては、忙しい父に遊んでもらった思い出がほぼありません。

こんなこと言ってしまうと怒られてしまうかもしれないのですが、、、

小さい時は父という存在より、隣のおじさんというような存在で、一番思い出に残るのは、おもちゃを買いに初めてデパートにつれていってくれて、まとめ買い(笑)をしてくれたことがありました。

家に戻って母に、「たくさん買ってもらったから、『ありがとう!』と言っといて!」と言ったら、母が笑って、「あなたのパパやん!」と言われた強烈な思い出があります。

この思い出は、大きくなったときに妹と話してて、まさしく妹も、父の思い出がそこにあることを聞いてびっくりしたほどでした。

 

小学校の時に祖父が亡くなり、家業を継ぐために岡山へ引っ越すことになりました。

元々、高祖母が薬局を開き、曽祖父は高校の校長で、祖父が薬局を引き継ぎ、父がその家業を継ぐことになりました。

母にとってみれば、大企業のサラリーマン妻から、思いがけなく自営業の妻になり、私たち姉妹にはいつも「自営業は大変だから、大企業の人と結婚するんだよ。。」と言い続けていました。笑 

それで主人と結婚したわけではないですが、2人とも大企業に勤める夫と結婚したので、何かしら母の教育は、私たち2人に大きな影響を与えていると思います。

そしてもうひとつ言われ続けたのは、結婚したら専業主婦になること。。

「子育てと家事に従事することが、女性の幸せ」と思い込んでる母の揺るぎない考えは、反抗しようとも、子供を預けて働くことに罪悪感を持っていたと思います。

ダブルパンチで、主人の義母も専業主婦で同じ考えでしたので、、

あとで思えば、それは思い込み=既成概念に過ぎなかったんですけどね。

 

 

世界の考え方の違い

 

結婚して神戸に移り、すぐに娘ができました。

しかし、日本企業に勤めている主人は、私の父と同じく、ほぼ家にいることはありませんでした。

朝早くから仕事に出て、帰りは23時ごろ。。そこから夕食の用意をして片付けて。。

休みも土曜日はほぼ休日出勤です。

私たちが特別なのではなく、日本企業に勤めていたら、これが当たり前と思われる方が多いでしょう。

それにプラス、、、

私たちには、2〜3年ごとにやってくる、どこへ行くかわからない転勤の連続。

これも日本企業に勤めていたら常識で、断る=左遷です。

やっと落ち着いて生活ができたと思ったら、また新天地へ。このような頻繁な移動では、私の定職も難しいです。でも、同じような状況の女性も多いと思います。

 

また、会社で一生懸命働いている主人も可哀想だな。。と思うことがありました。

インターナショナルスクールでは、1年に何度かイベントがありました。

タレントショーやクリスマス会など、その大半は夜に行われます。

子供の晴れ舞台を見に、外国人の両親は必ずカップルでやってきます。

日本人は、ほぼお母さんだけ、もしくは、おじいちゃんやおばあちゃんと。
お父さんの姿は非常に少ないです。

外国人にとって、家族の行事やお誕生日は一大行事。その日は、大義名分で会社を早く退社することができます。

ところが日本企業に勤めるお父さんたちは、それが出来ないのが現状です。

子供の成長は止まることなく、日に日に変わります。2度と戻ることはありません。

その大切な時間も、仕事の方が優先されてしまうのです。

 

また、休暇についての考え方も大きく違います。

例えば、フランスやドイツでは、年間5週間の有給休暇が取れます。

日本のように有給休暇があっても、他人の目を気にして取りにくい、取れない、または取ったふりをするのではなくて、、、

みんな取ることが『常識』なので、「彼女は今バカンス中よ」と言われたら、「あ〜そうですか〜」と変に納得してしまう。

それほど休暇も大義名分なのです。

 

ちなみに、2018年度のG20の経済成長率ランキングでは、、、

フランス12位、ドイツ13位、日本17位。

休みが多いのと、仕事時間が長いのとでは成長率は比例してなくて、

どちらが効率的で、ワーク・ライフ・バランスが取れているのでしょうか。。

 

 

価値観が変わると。。

 

どのフランス人と話をしてみても、「バカンスがあるからこそ頑張って働く」という考え方で、仕事が全てとは思ってなくて、人生の一部と考えています。

それに、この長期バケーションが、働くモチベーションにもなっているようです。

違うライフスタイルを見聞きするからこそ、自分の視野やモノの見方が変わってきます。

外の世界を見なければ、小さな世界が当たり前だと思うけど、違う世界を見たら、現状に疑問を持ち、新しいアイデアが湧き上がってきます。

同じ人間として、この違いを見て、「何のために仕事をしているんだろう?」と、

今、コロナ禍で、働き方が大きく変わる中で、もう一度、これからの人生を見つめ直してもいいかもしれませんね。

あなたの第一歩が、自分の幸福と未来の子供達のためになるのですから。。

 

トータルエレガンスコースでは、世界のライフスタイルとの比較から見えてくる「あなたのライフスタイルのあり方」にもスポットライトを当てています。

つづく。。。

 

 

コラムTopページに戻る

 

 

ボタン