about_midashi
about_image1嬉しいことにサロンを通して、年代や職業を問わず、沢山の女性達が輝きだすのを見てきました。
女性とは、『生き方の姿勢』次第で美しく輝きます。その秘訣とは、①新しいことにチャレンジし学び続ける②人々との出逢いを楽しむ③自分の世界をどんどん広げようとするポジティブな姿勢が大切です。
その学んだ全てが年齢を重ねるごとにつながり、この内面的成熟さが、その女性の魅力なのではないでしょうか。
 

海外経験を通して

about_image2幼い頃から異国に憧れ、イギリスやアメリカへ留学しまし
た。大学卒業後は念願だったJTB海外旅行課に配属され、研修旅行やプライベート旅行を合わせると、これまでに渡航歴100回以上。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアなど世界各国を巡り、沢山の文化、食、人に触れてきました。研修旅行や、各国からの招待旅行では、現地の一流ホテルの視察だけでなく、超一流ホテルに宿泊、高級レストランでの食事、その中には素晴らしいインテリアやテーブルコーディネートもあり、今でも忘れられません。インテリア、テーブルコーディネート、おもてなしなど、若い時に最高級の本物に触れることが出来たのは貴重な体験で、今の仕事のベースになっています。

アメリカのフィニッシングスクールで学んだこと

結婚、出産を経て、もっと自分を磨きたいと思い、マナースクール『ジョン・ロバート・パワーズスクール』に通いました。アメリカの卒業生には、グレース・ケリーやジャックリーヌ・オアシス、ローレン・バコール、ダイアナ・ロスなど素晴らしい女性がいます。スクールでは外面と内面の両方の美しさを学びました。その中で、女性は外見だけではなく、内面を磨くことで、より一層美しくなれることを体感しました。
 

当サロンでは、この内面的要素、つまり教養の部分を中心に教えています。外見に加え、内面から磨いてこそ、『人を惹きつける魅力がある』と思うからです。

日本のマナーと国際マナーの違いを知って

インターナショナルスクールの図書館で6年間働き、外国人ボスをはじめ世界各国から来られた多くの人達と知り合い、数多くのパーティーを経験しました。そこで学んだことは、欧米人とのコミュニケーションにはパーティーが重要であるということ、日本流のマナーだけでは世界に通用しないということです。どの国にも歴史と伝統に培われたマナーがあります。しかし国家間の公式な場ではプロトコール(国際標準マナー)があり、一般的な国際交流の場でもマナーのベースになっていることが多いのです。この国際マナーは、日本での日常生活の中で身につくものではありません。世界に通用する国際マナーを身につけると、マナーの違いで誤解されることなく、自信をもってTPOに合わせたコミュニケーションが出来ます。
 
 
だからこそ、当カリキュラムではプロトコールをベースにした国際マナーを教えています。
つまり、それだけ国際的にもチャーミングな女性になれると言うことです。

今の仕事へのきっかけ

about_image32007年に専門知識のあるフランス人とTable de Franceを立ち上げました。より多くの方に、フランス文化・伝統である、食卓の楽しさ、テーブルコーディネート、ホームパーティーの意義を知って頂きたかったからです。それは私がフランスで体感した日本文化とは違う素晴らしいことだったからです。
 
 
 

なぜ、海外から学んでくるのか?

about_image4毎年数回、フランスを中心に海外と日本を行き来します。
先述の国際マナーにも関連しますが、グローバルコミュニケーションを知っていると、その交流がスムーズになり一層楽しくなります。滞在中に様々な立場や分野に身を置く人々と交流することで、新しい発見はもとより、改めて日本という国の素晴らしさを感じ取ることもできます。
何気ない日常の中で見過ごしていたことに『気づき』を得たり、当たり前に感じていたことがそうではなかったと気づかされることも多くあります。このような長年の経験と研究を通して構成されたカリキュラムで、サロンにお越しになられる一人でも多くの方に、新しい世界の扉を開く『きっかけ』のお手伝いができれば嬉しいです。

アラフォーでイギリス留学へ

about_image52013年、アートを勉強する為に再び英国に留学しました。ロンドンのアートスクールで『ヨーロッパ装飾芸術』課程を修了し、イギリス・マンチェスター大学の履修単位を取得しました。英語でアートの専門分野を勉強することは、想像以上にハードでしたが、そこで得たものはかけがえのない私の財産であり、人生いくつになっても挑戦し続けることが大切であると実感しました。
 
 

メッセージ

about_image6物が溢れる日本で、物質的なモノで満たされるのではなく本当に大切なもの。

それは心の豊かさと質の高いライフスタイルであると思います。質の高いライフスタイルとは、お金で買うものではなく、私たち自身が、いかに人生を楽しく美しく生きるかです。

まさに、私の大好きなフランス語“Art de Vivre”です。 

内面から美しく輝ける女性
自分らしく生きる女性

すでに多くの卒業生が、女性としてさらに輝きだす姿を見ています。
 
MIKA DECO Parisは、その『きっかけ』になるサロンを目指しています。
そして、人に感動を与えれる仕事をこれからもしていきたいと思っています。  

MIKA DECO Paris (ミカ・デコ・パリ)

代表 石原実花

ボタン